効率化と自動化

よく勘違いされるのは、効率化を自動で行うのがマーケティングオートメーションという点です。マーケティングオートメーションは、効率化を自動で行うのではなく、効率化するための作業を自動で行えるようにシステム化することです。例えば顧客を獲得するためにメルマガなどの案内を配信する場合、むやみに配信しても意味がありません。配信をするためには、顧客が求めている情報をタイミングよく配信することが重要です。

そこで顧客が何を求めているのかをしっかりと読み取り、どのようなタイミングで配信してほしいのかを知ることから始めます。そのためにはメール配信システムを導入する必要があります。さらにどのようなタイミングでどのサイトにどれだけの人がアクセスをしているのかを見極める必要があるでしょう。これはアフィリエイトやドロップシッピング、オンラインショップを経営している人でも行っています。

他にもフォーム機能やリード管理なども必要になるでしょう。このような自動化システムを導入することで、より効率的に情報集や作業ができるようになるのですが、これがマーケティングオートメーションです。近年はインターネットを使用することが多いので、ますますマーケティングオートメーションが重要になっていくでしょう。

関連資料・・・マーケティングオートメーション SATORI

 

顧客の管理がメイン

マーケティングオートメーションでできることはいくつかあるのですが、主なものは顧客や見込み客の管理になります。実際に商品を購入したわけではないけれど、興味を持ってメールマガジンの配信登録をしてくれた、問い合わせや資料請求をしてくれた人を見込み客と呼びます。この見込み客を顧客に変えるためには、まずメールアドレスなどの情報をしっかりと管理する必要があります。

そうすることで、いつどのようなアクションをしたのかがすぐにわかるようになるのです。さらには見込み客を顧客に変えるためのアクションを定期的に行う必要があります。よりよい関係を築いていくことが顧客獲得には必要不可欠なので、コミュニケーションも行う必要があるでしょう。そのためには見込み客がどれぐらいの頻度でアクセスしているのかなども知っておく必要があります。

このような情報収集を行うことで、最適なメールアドレスの配信などを行えるようになるのです。見込み客を逃さないためには、やはり相手を不快にさせないことが重要になります。無理に購入させる行為や、しつこくメールマガジンを配信するなどしては、見込み客が離れてしまうでしょう。そうならないように管理することもマーケティングオートメーションでできることの1つだと言えるのです。